白蟻は畳や木材が大好物~和室の白蟻駆除は大事~

白蟻駆除では、和室以外の場所の調査も大事!

白蟻駆除では和室以外もチェックします

業者

白蟻駆除業者では、和室が被害を受けていても家の隅々まで調査します。しかし、何故そこまで細かく調査をする必要があるのかを聞いてみました。

家の隅々まで白蟻調査を行なう理由は?

床下を調査するのは何故ですか?
床下は土壌と建物の境目です。白蟻は土中に棲んでいるため、餌を探して家屋に侵入する際は、基礎部分から上がってきます。また、近年は床下に断熱材を用いた高機能住宅が人気ですが、しっかりと施工されていなければ逆に白蟻が侵入しやすくなります。暖かくて湿気の溜まりやすい床下は、白蟻にとって居心地の良い場所です。特に力を入れて調査を行なう必要があります。
浴室やキッチンまでチェックするのは何故ですか?
浴室やキッチンで水漏れが発生すると、滴り落ちた水滴によって木材部分に腐朽が起こります。腐って柔らかくなった木材は白蟻の大好物であるため、そこで発生する被害も大きいものになります。また、水漏れは建物自体の経年劣化を早めてしまうため、食害のみならず様々なトラブルを相乗的に招いてしまうでしょう。白蟻駆除と併せて、必要であれば修理もきちんと行なうことが大事です。
天井裏や屋根裏をチェックするのは何故ですか?
白蟻は1匹だけで活動する虫ではありません。集団で活動しますが、その中には羽を持つ白蟻がいます。羽を持つ白蟻は家から家に移るために、毎年決まった時期に群飛します。ヤマトシロアリでは4~5月、イエシロアリでは6~7月がその時期にあたります。羽アリは家に降り立つと羽を落として巣を作る活動をはじめます。天井裏や屋根裏などの高所や難所からも侵入が可能なため、注意が必要なのです。

和室にある巣を駆除するだけでは効果がない

ヤマトシロアリは、複数の巣を作って活動します。そのため、全ての巣をキレイに駆除するためには、和室だけでなく他の場所も一緒に徹底的に確認をする必要があります。巣をいくつか見逃してしまうと、被害は止まらずにずっと続きます。白蟻の習性と駆除に詳しいプロに任せた方が良いのはそのためです。

TOPボタン